BLOG
ブログ

sungrove

2018.10.30 ネイルブログ

ミルクブッシュ

当サロンにお入り頂いてすぐ左手に、少々変わった見端の多肉植物が日光浴している姿は皆様、一度はご覧頂いておりますでしょうか?

静かに佇んで居ながらなかなかの存在感を放つ彼、その名をミルクブッシュというそうです。

この細い茎を切るとミルクの様な液体が滲み出ることからその名がついたそうですが、またの別名で「ミドリサンゴ」という名前を持ちます。

陸地のサンゴとはまた粋なネーミングでございますが、そう言われて見ると確かに、海の中に紛れていても何も違和感の無さそうな雰囲気に見えてくるから不思議。

タツノオトシゴでも引っかけて、ゆらゆら泳いで居そうな出で立ちではないですか?



そんなユーモラスな見てくれながら、ミルクブッシュの花言葉は「永久の幸せ」。

どうかこのサロンにお越し頂くお客様にも幸せが訪れますよう…

という祈りが込められているのかどうかは分かりませんが(笑)、オーナーが以前から飾っているお花の1つでございます。



ボタニカルと言えば先日は秋模様のお花柄アートをさせて頂きました。

ネイルサロンやネイリストに寄って、アートの雰囲気も変わってくるかと思いますが、しかし矢張りお花や植物の柄は柔らかながら明るい雰囲気を爪先にもたらしてくれますね。

京都特有の紅葉を描いたアートも、以前作らせて頂きました。



京都はそろそろ紅葉シーズンを迎えますが、…今年は少し色付くのが遅めだとの噂を耳にしました。

さて、実際のところはどうなるでしょうか。

名所を巡られる際に、京都ネイルサロンでお爪も秋模様に彩られるのはいかがですか?

その際は是非ROUN'へ。

皆様のお越しを心より、お待ちしております。

LINE@ → 【@roun】

Instagram →【kyoto.environ.roun】