BLOG
▶︎ネイル

sungrove

2019.02.01 ▶︎ネイル

For Beauty -リッツ・カールトン京都

1月30日にリッツ・カールトン京都にて、行われた輝き続ける女性を目指すインベント『For Beauty』

大変光栄な事に、主催の有限会社ブルースのジュエリーデザイナー・ブルースさんの奥様で、発足者でもある佐和子さんにお誘い頂きまして、当サロンも協賛させて頂きました。

佐和子さんとはご縁を頂いて以来、ずっとネイルやお肌のサポートをご担当させて頂いておりまして、家族ぐるみでのお付き合いをさせて頂いております。

とてもステキでお似合いのご夫婦ですが、この日のブルースさんのファッションは全身オパール柄っ!全てご自身のブランドのお洋服です。



ブルース・ハーディングさんはハイジュエリーを30年以上、京都-鞍馬で創り続けるジュエリーデザイナーさんです。

オーストラリアのオパール鉱山で生まれ育ったのち、イギリスで思春期を過ごし、日本に渡ってきてからは、呉服業界とも深く関わり、京都の歴史や文化に精通していらっしゃり、『ドリームタイム』という名のジュエリーブランドで、とても、素敵で美しいジュエリーを創られております。





また、オパールからインスピレーションを受けたアートやファッションも創っていらっしゃいます。

私も以前、結婚式の際にはドレスに合わせてブルースさんのネクタイとスカーフをコーディネートさせて頂き、とても沢山のお褒めのお言葉を頂戴致しました。



また、この日もまるで打ち合わせしたかのように、皆それぞれお気に入りのスカーフをコーディネートしてきていました笑



ミセスジャパンファイナリストの湯口恵子さんは、鯉の柄のスカーフ。

さすが、華やかに着こなされてまるでCAさんのようです。



司会進行役のゆきこさんと私は柄も形も少し違いますが、オパール柄をチョイス♪



Rireかをるさんは黄色のダイヤ柄、我が相棒・山下はオパール柄を…かをるさん目をつぶってしまっていますが笑

余談ですが、私の主人は麻のコアラ柄(黄色とピンクの2色持ち!)が大変お気に入りでヘビーユースしておりますので、主人のスカーフ見たことあるある!という方も多いかもしれません。

娘のお宮参りの写真です。



このコアラ柄、本当に可愛くて、私もコアラ柄のお財布をお嫁に頂きました。



本当に可愛いでしょ!

これを見て主人も欲しい!山下も欲しい!!となり、主人はやはり黄色のコアラをチョイス。



そして、山下はやはり、オパール柄が良いと♪



なかなかこの柄は探しても他にはない素敵なお財布ですよね。

ちなみに、Rireかをるさんはブラックダイヤをお持ちなのです。

是非私たちとお揃いにしませんか笑!?

そうそう。佐和子さんはオパール柄のおかばんをお持ちで、あまりにも素敵でネイルのデザインにされた事もございました。



とてもお爪の形も美しくて、いつもジュエリーにぴったりのデザインを選んでくださり、こんなデザインにされた事もありました↓



下のデザインは、最早、お爪もまるでジュエリーです!



さてお話が少しズレてしまいましたが、この日のイベント『For Beauty』では、ドリームタイムの中でも特にハイエンドなジュエリーを、ミセスジャパンの錚々たる皆さまが身に纏い、ジュエリーショーからの幕開けとなりました。



なんと、総額は高級マンションが5軒ほど購入できてしまうくらい!?



なかなかこのようなジュエリーを真近で見れる機会はありませんから、皆さま、うっとり。ジュエリーの放つ、煌びやかな輝きとパワーにため息をつきながら、ショーに釘付けとなっておられました。

何分若輩者でございまして、まだまだこのようなジュエリーを手に取れるような身分ではございませんが、私も以前、試着させて頂いた事がございます。



石の持つ巨大なパワーに圧倒されてしまいましたが、いつか石にも負けないような強い女性になれるように頑張り生きていたい!と思った事を覚えております。

また、ドリームタイムさんの撮影にも、モデルさんのネイルを担当し立ち会わせて頂いた事もありました。





石には不思議なパワーがあり、ジュエリーそのものの価値もさる事ながら、人生の大きな財産となる宝ですよね。



ブルースさんのジュエリーには、ブルースさんの持つハッピーパワーが込められている気がします。ブルースさんの創った個性豊かなお顔をしたジュエリーたち。是非ご覧になりたいとういお客様は、サロンにも作品集を置かせて頂いております。

是非ともお手にとってご覧くださいませ。

For Beautyにご参加くださったお客様限定の特典はこちらからご覧ください。

】-限定特典-『トータルコースのご案内

それでは、本日は長くなってしまいましたので、この辺で失礼いたします。

 

また次回もイベントの様子をお伝えさせて頂きたいと思います。

お楽しみに…♪