BLOG
▶︎ネイル

sungrove

2019.01.09 ▶︎ネイル

身体の栄養状態が爪に出てるって!?

おはようございます。

京都は中京区、西洞院通りにひっそりと佇む、オレンジ色の暖簾が目印のネイルサロンROUN'でございます。



身体の健康状態のサインがネイルに出るというお話は聞かれた事ある方が多いのではないでしょうか。

例えば、内臓疾患の方はお爪が黄色っぽくったり、肝硬変、糖尿病の方は白く濁っててきたり、心臓病やチアノーゼの時は青紫色になったりします。

それから、くちばしのような形になってきたら糖尿病や、反り爪になってきたら脊髄、お年を召してきて縦線が増えてきたら、胃腸の働きが弱くなってきている、なんて兆候があったり…

はたまた、爪周りが赤くなってきて、ばい菌が入ったのかと思い放置していたら、実は子宮筋腫だった、とか、爪や指先が膨れてきたと思ったら肺がんが見つかった。

とか…あくまでもバロメーターであり、一概に言い切れませんが、お爪は健康状態のサインを出してくれている場合があるんですよね。

それと同様に、実は栄養状態もお爪のサインで分かる場合もあります。

爪は、代謝によって皮膚が角質化したもの。個人差も大きいですが、およそ1日で0,1ミリ、1ヶ月に3〜4ミリ、爪母という根元で作られてからは、およそ6~7か月で爪先まで伸びていきます。

お気づきですか?今見えている爪は、およそこの半年間の間の、健康状態と栄養状態を表しているのです。

では、栄養状態はどのようにしてわかるのでしょうか?以下にお悩みの多い状態の一例を挙げてみます。

あくまでも一例であり、その他にもストレスや疾患が隠れている場合や、慢性的に栄養バランスが崩れている場合なども考えられますので、ご参考までに。

◆まず、ネイルサロンで一番多いお悩みはお爪が薄く割れやすい。

これは、ビオンチンや鉄不足の方に多く見られます。

◆乾燥して割れやすい

タンパク質やミネラル不足

◆反り爪さん

亜鉛不足、鉄欠乏または過剰鉄

◆鬱陶しいささくれ

ビタミンC、葉酸、タンパク質不足

◆縦線が多い

抗酸化物質の不足

◆横線が多い

タンパク質不足、ビタミンA不足

◆平らな爪

ビタミンB12不足

◆ワシ爪

ビタミンB12不足

◆白い斑点

亜鉛不足。

◆黄色い爪

ビタミンD不足

いかがでしょう?意外と、普段の食事を少し変えるだけで改善できそうなお悩みが多いと思いませんか?

身体は食事から作られています。

3食の食事からしっかり咀嚼し、バランスよく摂取出来るのが一番理想的ですが、お付き合いが多かったり、仕事が忙しい、また一人暮らしの方などはバランスよく食事を取るのが難しいですよね。

そんな方には、オススメのサプリや、発酵ドリンクなども販売しております。

1日だけ栄養をしっかり摂ってもあまり意味がありません。高級なサプリや、栄養豊富なオーガニック野菜で調理♪などは憧れますが、なかなか継続するのが困難です。日常的に日々継続する事で身体の栄養状態が保たれ、初めて身体の細胞に行き届いていきます。

簡単で経済的、かつ、安心で十分な栄養摂取が叶う、そう言ったサプリメントは案外探しても少ない物です。

一見良さそうな宣伝文句が書いてあっても、十分な栄養を摂るためには、1回3錠は飲まないと足りなかったり…

当サロンで取扱っております、エンビロン開発者のDr.フェルナンデスが開発したリブアクティブ ドクターズサプリは、経済的で飲みやすく続けやすい、原材料や生産工場にも拘った理想的なサプリメントです。

お爪のお悩み、ネイルのプロの私たちに是非お気軽にご相談くださいませ。

※お爪に異常を感じられた方は、医療機関の受診をしてくださいね。