BLOG
ENVIRON 製品のご案内

sungrove

2019.03.09 ENVIRON 製品のご案内

花粉で肌荒れ!?

今年は花粉の飛散量が多いとの噂が…


京都も自然が多いので、花粉症の方はお辛いですよね。


数日前には京都にも春の足音が聞こえてくるような気候でした。冬から春へと季節の変わり目真っ只中、、ただでさえ季節の変わり目はお肌も揺るぎがちなのに、乾燥に加えて、花粉などの外的要因で春はお肌が敏感になりやすい時期です。


冬よりも春の方がお肌が荒れる…乾燥する。


そんな方、いらっしゃいませんか?


意外と多いんですよ。お話してみるとご本人は気がついていなくて、毎年春は荒れませんか?とお伺いして初めて、


「そういえば、毎年…春です荒れるのは!」と気が付かれる方も少なくないのです。


その春の肌荒れ。犯人は花粉です。


アレ?花粉症じゃないのに?


そう思った方もいらっしゃるかもしれません。


特に、アトピーや花粉症の方が花粉による皮膚炎になりやすい傾向にはありますが、花粉が皮膚に付着する事で生じる炎症ですから、どなたでもなりうるんですね。


まだ紫外線の強い時期は先だから。と油断してはいけませんよ。

春の肌荒れしやすい時期にお手入れを怠ったまま紫外線の強い季節に突入してしまったら、肌のコンディションはそれこそ一気に急降下。

春と言っても2月後半から花粉は飛び出しますから、2月〜5月頭くらいまでが要注意です。


やはり常に露出している顔、皮膚の薄いまぶた、ノーマークになりがちな首などに出ますね。


 なんとなくむず痒いくらいの軽度の方から、見た目にも分かるような赤み、乾燥、ザラザラ、ブツブツ、痒みな、発疹、お顔全体が赤みを帯びてしまう方もいらっしゃいます。


 


アレルギーマーチと言いまして、花粉皮膚炎お肌のバリア機能が乱れる事で皮膚に付着した花粉を異物と判断し、それがきっかけで花粉症を発症する場合もあるそうです。


また、元々花粉症の方は皮膚炎が原因で花粉症が悪化したり、全身にまで広がることも。


特に今年は花粉症が重い!と仰っておられるお客様が多いように感じます。


 


まずは、根本的にお肌に花粉を直接触れさせない事が一番の対処法です。


外出する際は、マスクやメガネだけでなく、日焼け止めクリームやお肌に優しいタイプのファンデーションなどを塗ってくださいね。


首には、カッターシャツや、タートルネックの化繊がチクチクと刺激になる場合もありますので、小さなハンカチやスカーフなどを巻いてからお洋服を着て頂くのがおススメです。


最近はドラッグストアでも付着させない為の保護クリームなんかも市販されています。


 


それから大切な事はもう一つ。


お肌のバリア機能を低下させないようにいつもより気を使う事です。


熱いお湯やゴシゴシ洗いの洗顔、洗浄力の強い洗顔料や、お肌に負担が大きいファンデーションやSPFの高い日焼け止め、マスクパックなんかも本当にダメです、NGです。


 紫外線が強くなるのはまだ先と気を抜かず、早めの対策←ここ!冬が終わったー!じゃないですよ。今から!


しっかり保湿!が肝心です。




乾燥や肌荒れなどのダメージやトラブルが気になる方におススメはエンビロン


【デリケートシリーズ】です。



デリケートシリーズには、ビタミンC,ビタミンE,ベーターカロチンに加えてティーツリー葉油が配合されています。


抗菌、抗炎症作用があり敏感なお肌にもしっかり潤いを与えてくれます。


ニキビの方にもいつも必ず組み込んで頂くようオススメしています。


たっぷり60ml入って3,500円(税別)なので、惜しみなく使えるのも嬉しいです。


 


 春のムズムズ肌荒れ対策に是非、取り入れてみてくださいね。